道路はゴミ箱・・・

2ヶ月に1回ですが、常勤職員持ち回りで駐車場の掃除をしています。

今月はケアマネの担当でした。風が少しきついなあと思いながら2人でしていると見つけてしまいました😢

何がでてくるかなあ~

出てきたのは 誰かが捨てた空き缶やペットボトル・・・

自分の家でも 床に捨てるのかなあ・・・しないだろうなあ😢

「少しくらい・・・」「誰も見てないし・・・」「みんなしてるやん」

一人一人が意識を変えればこんなことしないんだろうなあと思うけど・・・

他人を変えることはできない

自分が変わろうとしないと

自分を変えることができるのは 自分だけ

私も他人から見れば変えてほしいと思われていることはあると思うけれど

自分で何がいけなかったのか 日々反省していくことが大事だなあと思います(^_-)-☆

つながり

以前、お父様を支援していたご家族様から連絡があり、今度はお母さまの様子を見てほしいと相談があり、訪問してきました。

久しぶりにお顔を拝見し、お元気な様子に安心しました。

足は痛いようですが、ご自分なりに工夫をして生活されています。

たくさんお話も聞かせていただき、少しでも心の整理ができたのなら、訪問した甲斐があったかなあと自己満足しています^_^;

「ミーちゃん」 女の子だったと思いますが。

何年も通っていると最初は逃げたり「シャーッ」と言っていた子が名前を呼ぶと寄ってきてくれるようになりました🐱

今日は、久しぶりの再開でしたが、呼ぶと来てくれて私のカバンについている鈴で遊んでいました。

人も猫も種族が違っても、信頼関係やつながりは大事だなあと思った瞬間でした(^.^)

ちなみに、「ミーちゃん」をブログに載せてもいいですかとご家族様に了解を得ました。笑っておられましたが(;^_^A

普段は真面目に仕事をしています。

ポリアンナ症候群

久しぶりに、子どもの頃に読んだ少女ポリアンナを図書館で借りて読みました。こども時代はどんな逆境でもいい事を見つけて、前に進んでいかないといけないと単純に考えていましたが、見方を変えれば、目の前にある課題から目をそらして、自分に都合のいいように解釈しているようにも考えられます。歐米では、ポリアンナ症候群として問題になっているようです。

今、大人になり、改めて読み返すと、私には前向きに生きること、自分の信念を貫くことが大事だとのメッセージを受け取るのですが、見方を変えてみれば、課題の先送りにも繋がるのかもしれない。

物事には多面性があり、何事もバランスが大事だと考えます。

この本を読まれたことのない方は何のことか分かりにくいと思いますが、こどもの頃に読んだ本を大人になり読むと、当時とは違う考え方が思い浮かぶのではないでしょうか。

皆様も一度昔読んだことのある本を手にとって見て下さい。

更新研修はじまりました

介護支援専門員の更新研修 課程Ⅱが昨日から始まりました。

新型コロナウイルスの感染拡大防止の為、例年ならグループワークが中心でしたが、今回は個人ワークが中心になっています。

介護支援専門員を続けていくには5年ごとに更新研修を受ける必要がありますが、初めての試みに少し戸惑っています。

5年前は育休中に受けたので、ひたすら睡魔と戦っていました。(夜泣きがひどくて、その記憶しかない状況です)(-_-)

初日から講師に言われたのは、「どこに視点を置いているのか」「なぜ、そう思ったのか」 頭の中に置いているだけではなく、客観的に言語化するようにとのこと。今回の研修でも、レポートや発表が多くなっています。

日頃から自分の頭の中で組み立てていることを、他者に分かるように伝える。

いつも業務で行っていることですが、改めて研修の場になると 基本ができていただろうか?利用者の思いを深く掘り下げていただろうか?惰性で業務を行っていないか?等、反省すべき点が多く出てきました。

まだ、研修は始まったばかりですが、他の介護支援専門員の視点や気づきを聞き、良い点は取り入れながら、日々、業務を行いたいと思います。

少しぼやけてますが、研修後の夕日です(^.^)

秋の空になってきましたね(^_-)-☆

ケーキは等分に切れなくてもいいけど・・・

久しぶりに読書をしようと本を買いました。

「ケーキの切れない非行少年たち」 宮口幸治著

一時期、ホールケーキを3等分できますか?非行少年たちにさせるとできないのですと話題になったことがあるので、知っていらっしゃる方も多いかと思います。

この本は障碍に焦点を当てている傾向が見受けられ、みんながみんな障碍を持っているわけではないけどと思いながら読んでいました。

ただ、本を読んでいて思ったのは「認知機能が弱い」「自己評価が低い」と人の話を聞いたり、正確に物事をとらえる能力が低くなり、ひいては、社会で生きづらくなっていくんだなと。

実際に、一つの考え方に固執してしまうと、柔軟性がなく、あらゆる方向から一つの物事を冷静にとらえて、対応する力が弱くなると感じます。この著の中で「コグトレ」をするといいと書いてありました。

今、5歳の子もしているような 図形の模写や点つなぎ等 ネットでも無料のプリントがたくさんあります。

子供と一緒に勉強しようかなと思っています。

思いで

今日は、とっても良いお天気ですね。

そこで利用者様との、ほのぼのエピソードをひとつ。

「わしなあ、胸にヘルスメーターが入っているから電磁波の近くには、

近寄れんのや・・・」

「えっ、ヘルスメーター??」

「あっ、ぺースメーカーね。うん、納得」

利用者様のやさしい笑顔と一緒に楽しい会話を思い出しました。

早く、そんな日常が戻ってくればいいなあ。。。。

今年も去年と同じように、福知山城に、さくらが満開です。

3月も終わりますね

今年度も今日で最終日

明日からは新しい年度が始まりますね(^.^)

いつもなら 花見をしたり 暖かい日はお出かけをしたり

たわいもないことで笑い合ったり ささいな日常が送れないのですが(-_-)

新型コロナウイルスの影響で 当たり前の日常生活が

当たり前に送れない日々(>_<)

そんな時こそ いつもなら見過ごしてしまう 当たり前の幸せを大切に(^.^)

黄色いチューリップが咲いた後は また黄色?  ピンクも見えます🌷

自然の花は 季節を間違うことなく きれいに咲いてくれています

4月からも 当たり前に 皆が笑い合えますように(^_-)-☆

咲きました

期待していたチューリップが今朝咲きました。

肥料が少なかったのか 短いですが きれいに咲いてくれました(^.^)

もう一つも 少し (^^♪を出しています🌷

テレビでは連日 新型コロナウイルスの状況が放送されています

色んな情報に惑わされることなく 正しい情報を確認し

一人一人が感染しないように 意識して生活していきましょう (^^)/

自転車で走っていると「春」を見つけました。

「桜」が咲いていました。少し早いのかな🌸

車で走っていると 見過ごすような場所に咲いていました。

たまには 歩いたり 自転車で走るのもいいですね🌸🌸

つくし

世界各国での「新型コロナウイルス」の感染・拡大により、私たちの日常生活において「当たり前の生活」が「当たり前にできない生活」に変わっています。

学校へ行くこと 買い物をすること どこかに遊びに行くこと すべてが制限されています。

私たちも 感染の媒介にならないように 毎日検温し 自分達の体調に気を付けて仕事をしています。

福知山は少し 落ち着いてきたかなと思いますが、「新型コロナウイルス」に限らず、正しい知識と正しい行動を常に頭において行動していきたいと思います。

遠くに行けないので 近所を子供と散歩(^^♪

分かりにくいかも(>_<)

「つくし」です♡こまめに雑草を刈っておられるので、ひょろひょろですが^_^;

自然の植物たちは 季節を感じて しっかり芽吹いてきますね♡

「春」は別れと出会いの季節 

4月に向けて 不安な方も ワクワクされている方もあると思います

「挑戦」はいくつになっても自分を成長させてくれるもの

自然の植物に負けずに 自分のいる場所で 

今 できる精一杯のことをしましょう☘

たまには 自分にご褒美も 🍰  

ホアンカンのいちごパフェは美味しかったです(^^♪