救命救急講習

2月20日 消防署にて救命救急講習を受けました。。

一人で在宅へ訪問することが多く、どのような状況に直面するか分かりません。

いざという時の為に 胸骨圧迫 や AED の使い方等の説明を受け何度も実技を行いました。 

グループに分かれて指導して頂いたので、分からないことも聞きやすく丁寧な説明を受けることができました。

 

《豆知識》

・救急車を呼んでから到着するまでの時間は全国平均でおよそ8分かかります。

・福知山市で救急車の出動件数は一カ月で300件、年間では3500件以上になります。

・救急隊が到着するまでに応急処置することにより、社会復帰率が倍に上がるそうです。

前回の受講と比べ内容にも変化があったので、今後も継続して講習を受けて再確認していきたいと思います。

福知山消防署の皆様、ありがとうございました(^^)/

1月24日研修

1月24日に社内研修をしました。

1つの工場を例えに工場の強みと、今後の発展について

研修しました。

会社の強みを知ることで 「発想の転換」 を考え また技術を磨く事で

会社の発展に繋がっていく事を考える。

その発展を次世代にも繋いでいくことの大切さ、難しさを考えました。

今年度の研修はこの日で最後でした

次年度はさらに学びを深めて 成長できるようにがんばりたいと思います。

今年初めての研修

令和2年1月16日 今年初めての研修をいたしました。

リスクマネジメントと苦情処理の基礎の研修でした。

気を付けているようで、振り返ると  ”あ!” (~_~) と思うところありませんか?

何事もですが、アクシデントが発生しなければ安全意識は低下

アクシデントが発生することで安全意識が高まります。

アクシデント  =   安全意識    で比例します。

研修で意見を交換中です。

研修中、何度も意見の交換をしました。

意見交換をすることで、アクシデントを最小限にする大切さを学びました。

またメモの必要性、メモをこまめにとる大切さを研修で勉強しました。

メモを取ることは大切な事

研修

昨日は「認知症」について研修をしました。

今までにも何度も研修をしていますが、改めて「なぜ 認知症になるのか?」

「なぜ 糖尿病になるのか?」 「認知症は予防できるのか?」等 言葉で説明しようとすると咄嗟にはでてこないことに気が付きました。

頭では分かっているけど(分かったつもりになっているけど)

他人に何も見ずに説明することは 自分がしっかりと理解していなければできません。

今、小学生からプログラミングや英語、パソコン等の学習が当たり前になってきています。

「思考力を育てる」  知識の詰め込みではなく、自分で考えて物事を動かす力をつけることができるようなカリキュラムになってきています。

私たち大人になると、頭が凝り固まり、間違えたくないとの意識がどうしても働きます。

知識を持っているだけではなく、なぜ、そうなるのか?

深く追求し、本質を理解して初めて他人にも説明することができ、「根拠」をもとに今すぐ対応しないといけないことなのか?どのぐらいの期間様子を見ないといけないのか?今、起きている現象にどのように対応するのかを見極めることができる。

昨日の研修では、認知症についての基本的な理解とともに、これからの学びのスタイルも子供に負けないように、なぜ?という好奇心を持って学んでいくことが大切だと感じました。

石みがき

昨日は事務所内研修の前に「石みがき」を教えてもらいました

「石みがき」? 河原の石をひろってきて磨くのかなあと思っていましたが、ガーデニング用の「玉石」や「那智石」を磨いてお箸置きにしたりするそうです

6種類のサンドペーパーを使ってひたすら磨くこと1時間

途中「話しながらするもんなんだけど」と言われつつ(笑)

皆 黙々と サンドペーパーの「ザッザッ」という音が鳴り響く中

きれいに光り輝く石に変わりました

最初の状態を撮っていなかったのが残念なくらい ピカピカ✨

また、サロン等でできたらいいなあと思っています(^.^)

肝心の研修は 写真を撮り忘れました(-_-;)

「次年度の地域貢献事業について」  真面目に取り組みましたよ(^.^)

介護家政サービス向上セミナー

令和1年11月30日(土曜日) 京都で開催された介護家政サービス向上セミナーに

行ってきました。 先生の話は聞き入ってしまうような わかりやすい説明でした。

説明を聞いた後、それぞれのブースに分かれて実習をしました。

初対面同士で介護の実践は ちょっと恥ずかしくもあり ためらいながらの実習でした。

初めて参加させていただきましたが、楽しい時間でした。

ヘルパー研修

10月25日(金)16:00~

テーマは 『機嫌よく日々を過ごすために』 です!

心をボールに例え、先生の実体験も交えながら分かりやすく講義して頂きました。

心のボールがへこむと、私は暴飲暴食をしてしまいがちですが、話をしたり おいしいものを食べたり、または 何もしない時間を作ることも大事だそうです!(^^)!

ボールをまるくするには、声を出して笑うこと、完璧主義にならないこと、ものの見方・考え方を柔軟にできるとよいそうです!

元気が出ると気持ちの余裕がもてて物事が好転していきます!(^^)!

ストローク(心の栄養)を自己判定しました。自分のプラス、マイナスを知ることができて参考になりました。

挨拶や雑談、傾聴、笑顔、ボヂィータッチ等、皆さんにプラスのストロークを与えることができるように頑張ろうと思いました。

事務所研修

10月10日(木)14:00 ~

栄光サービス別館にて事務所研修を行いました.

京都から講師の先生にお越しいただき

「はじめての営業・戦略の基本」をテーマに講義をして頂きました。

『カレー作り』 は企業活動のお手本になるそうです!

食べてもらう人をイメージして、具材、味付け、隠し味 が違うことにより個性あるカレーが完成します!(^^)!

因みに、グループでは隠し味は、すりおろしリンゴ、牛乳、ソースなどを入れているという意見が出ました.

こころをこめて作り、「おいしい!」 と感動してもらえるカレーを作っていけたらいいなと思いますよね (^^♪

お客様の目線に立ち ニーズを把握し しっかり耳を傾け 満足して喜んで頂ける事業所になれるように努力していきたいと思います(^^)

合同社内研修

9月25日(水) 18:30~ 社長はじめ、訪問介護・居宅・事務を含めて講師の方に来ていただき、研修を行いました。

テーマは「職場で効く アサーティブ・コミュニケーションの実践」

3グループに分かれて、攻撃的でもなく、受け身でもなく、素直に相手に自分の気持ちを伝えるための、自己表現の方法を学びました。

仕事ではできるけど、家では感情が先に立つ、嫌なことは言いにくい等の意見がありましたが、少し表現をかえるだけで、人間関係がぎくしゃくせず、自分の思いを伝えることができる技法だと思います。

職場だけではなく、学校関係であったり、地域の方との関わりであったり、色んな場面でコミュニケーションが円滑になるよう、教えてもらったことを土台にして頑張りたいと思います。

ありがとうございました。

爽やかな青空と均等に並んだツバメ達

ふっと空を見上げたら こんな 可愛い姿がありました。

癒されますね(^_-)-☆

事例検討会をしました

9月25日(水)は、13:30~他の事業所様と事例検討会をしました。

さくら苑の下林様・シュレスタ様 厚ディサービスセンターのセンター長足立様 と一緒に栄光サービスセンターの中村責任者にも参加してもらい、一つの事例をもとに、どう支援していけばいいかを検討しました。

テーマは「拒否の強い方に対して、どのようにディやショートを導入していくか」

様々な意見が出た中で、「その人の安らげる場所はどこか」を考える必要があるのでは?との意見がでました。他の職種と行うと、ケアマネ視点ではない意見を聞くことができ、基本に立ち返って支援を考える必要があること。また、同じケアマネからは、「専門医の受診をし、適切な投薬で穏やかに生活できるようにすること」「家族支援も大事」と教えていただきました。

去年から、他事業所様とこのような事例検討会や勉強会を行っております。自分が困ったときに、いつでも相談できる仲間や先輩方が身近にいてくれるのはありがたいなあと思います。

☆ただいま、一緒に働いてくれるスタッフを募集中。

ヘルパーさん、ケアマネさん、どちらでも!!

前に働いていたけど、ブランクがあってと仰る方も大歓迎(^^♪です