令和1年11月11日 雨あがりの空に虹が出ました。

最近は滅多と虹を見る事がなくなったので 写真を撮りました。

久しぶりの虹に ちょっと感激していたら 1時間後 ダブル虹です。

すごい(*^-^*) と・・・  2枚目写真追加しました。

ハロウィン終了後は・・・

10月も過ぎ 家の中に飾ってあったハロウィン🎃の飾りをかたずけました。

飾りがなくなり 少し寂しいので次は、と考えるとクリスマス?

早くない? など考えながら もう小物は販売してるしと思い クリスマスの飾りを

出してみました。  考えもなしに毎年買っていたのでしょう。

まるで サンタの打合せ・・・  会議・・・  声が聞こえそうなぐらいの飾りに

私が、びっくり   (+o+)

また、今年も新しいサンタさんが増えそうです。

11月になりました。

11月になりました。朝と夕方は肌寒く (~_~;) 上着が必要ですが

お昼はお日様も顔を出して良い天気です。(#^.^#)

今日、秋なのに たんぽぽ?  季節間違えてない?

と思わずたんぽぽに声をかけてしまいました。

ヘルパー研修

10月25日(金)16:00~

テーマは 『機嫌よく日々を過ごすために』 です!

心をボールに例え、先生の実体験も交えながら分かりやすく講義して頂きました。

心のボールがへこむと、私は暴飲暴食をしてしまいがちですが、話をしたり おいしいものを食べたり、または 何もしない時間を作ることも大事だそうです!(^^)!

ボールをまるくするには、声を出して笑うこと、完璧主義にならないこと、ものの見方・考え方を柔軟にできるとよいそうです!

元気が出ると気持ちの余裕がもてて物事が好転していきます!(^^)!

ストローク(心の栄養)を自己判定しました。自分のプラス、マイナスを知ることができて参考になりました。

挨拶や雑談、傾聴、笑顔、ボヂィータッチ等、皆さんにプラスのストロークを与えることができるように頑張ろうと思いました。

事務所研修

10月10日(木)14:00 ~

栄光サービス別館にて事務所研修を行いました.

京都から講師の先生にお越しいただき

「はじめての営業・戦略の基本」をテーマに講義をして頂きました。

『カレー作り』 は企業活動のお手本になるそうです!

食べてもらう人をイメージして、具材、味付け、隠し味 が違うことにより個性あるカレーが完成します!(^^)!

因みに、グループでは隠し味は、すりおろしリンゴ、牛乳、ソースなどを入れているという意見が出ました.

こころをこめて作り、「おいしい!」 と感動してもらえるカレーを作っていけたらいいなと思いますよね (^^♪

お客様の目線に立ち ニーズを把握し しっかり耳を傾け 満足して喜んで頂ける事業所になれるように努力していきたいと思います(^^)

合同社内研修

9月25日(水) 18:30~ 社長はじめ、訪問介護・居宅・事務を含めて講師の方に来ていただき、研修を行いました。

テーマは「職場で効く アサーティブ・コミュニケーションの実践」

3グループに分かれて、攻撃的でもなく、受け身でもなく、素直に相手に自分の気持ちを伝えるための、自己表現の方法を学びました。

仕事ではできるけど、家では感情が先に立つ、嫌なことは言いにくい等の意見がありましたが、少し表現をかえるだけで、人間関係がぎくしゃくせず、自分の思いを伝えることができる技法だと思います。

職場だけではなく、学校関係であったり、地域の方との関わりであったり、色んな場面でコミュニケーションが円滑になるよう、教えてもらったことを土台にして頑張りたいと思います。

ありがとうございました。

爽やかな青空と均等に並んだツバメ達

ふっと空を見上げたら こんな 可愛い姿がありました。

癒されますね(^_-)-☆

事例検討会をしました

9月25日(水)は、13:30~他の事業所様と事例検討会をしました。

さくら苑の下林様・シュレスタ様 厚ディサービスセンターのセンター長足立様 と一緒に栄光サービスセンターの中村責任者にも参加してもらい、一つの事例をもとに、どう支援していけばいいかを検討しました。

テーマは「拒否の強い方に対して、どのようにディやショートを導入していくか」

様々な意見が出た中で、「その人の安らげる場所はどこか」を考える必要があるのでは?との意見がでました。他の職種と行うと、ケアマネ視点ではない意見を聞くことができ、基本に立ち返って支援を考える必要があること。また、同じケアマネからは、「専門医の受診をし、適切な投薬で穏やかに生活できるようにすること」「家族支援も大事」と教えていただきました。

去年から、他事業所様とこのような事例検討会や勉強会を行っております。自分が困ったときに、いつでも相談できる仲間や先輩方が身近にいてくれるのはありがたいなあと思います。

☆ただいま、一緒に働いてくれるスタッフを募集中。

ヘルパーさん、ケアマネさん、どちらでも!!

前に働いていたけど、ブランクがあってと仰る方も大歓迎(^^♪です

9回目の「きらり」

9月14日(土) 9回目の交流サロン「きらり」を行いました。今回は、初めての方も含めて13名の参加がありました。

今回は、紙芝居同好会の会長 植田様にお越しいただき、2本、紙芝居をしていただきました。始める前に、皆さまにクイズを出されました。

「獺」 何て読むか分かりますか?

正解は 「カワウソ」と読むそうです。そして、「獺祭」。

これは 「だっさい」と読むそうです。「だっさい」とは、カワウソは、とらえた魚を川岸に並べる習性があり、この様が、供物を並べる祭りに似ていることから、祭儀になぞらえて「獺祭」と読むそうです。また、お酒の名前にもなっており、高級なんだそうです。知らなかったので、とても勉強になりました。

さて、本題の紙芝居ですが、「カワウソのしかえし」と「こうこうタメスケ」の2本をされました。

皆様、真剣に聞き入っておられます。スタッフも一緒に聞かせていただきましたが、福知山の民話もたくさんあるようです。植田様においては、福知山の小学校や保育園・幼稚園等の出向いて、紙芝居をされているようです。最初は一人で初めて、今は4人でされているとのこと。すべて、自分たちで企画されており、福知山で生まれたので、福知山の為になることをしたいと話されていました。

そのあとは、体操を。

「サザエさん」の音楽に合わせて、楽しく体を動かしました。

そして、ゲームへ。2チームに分かれて、皆、真剣です。

賞金は出ませんが、即席チームで盛り上がりました。「大して動いてないのに、暑いなあ」とあちこちから。

そのあとは、皆さまお待ちかねのティータイム。まだまだ、暑いので「コーヒーフロート」を。

今度は皆さん、「寒くなったわ~」と言いながら、召し上がっておられました。

参加された方々に楽しんでいただけたか、毎回気になるところですが、一番多かったのが「紙芝居が新鮮で良かった」「地元の紙芝居を見せてもらえたのが嬉しかった」「今度は明智光秀もしてほしい」と話されており、企画したスタッフも安堵しております。

次回の「きらり」は12月7日(土)を予定しております。

次回のスタッフも楽しい企画をと考えておりますので、今迄来られたことのないかたも、是非、ご参加ください。

尚、今回も手すりを三笑堂の余田様にお世話になりました。いつも快くお貸し頂き、ありがとうございます。

認知症サポーター養成講座

おはようございます。

昨日は、交流プラザで開催された「認知症サポーター養成講座」に参加しました。

寸劇では、認知症の方がゴミをためていき、ごみ屋敷になるくだりは、身近な題材で考えさせられ、遠方の娘や地域住民・民生委員・組長等を巻き込んで、どうしたらゴミが出せるか?皆で考えていき、対応していくものでした。

最後の質疑応答で、地域の関わりとして、最初は声掛けしたり、関わることができるが、長年になると負担が大きいと話されていました。私たちは、仕事として関わりますが、地域の方は自分たちの生活に密着した問題になります。改めて、地域の方とも共生していける支援を考えていかないといけないと思いました。

講師及び職員の方々、本業もお忙しい中、有意義な講座をしていただき、ありがとうございました。

雑草という名の花はない

一緒に働いている方が「こんなの見つけたよ」と写真を見せてくれました。

4月に咲いた花  野生の「タチツボスミレ」かな?

電柱と道路の間から 一生懸命 誰に見られるでもなく咲いています。

9月

頑張って咲いた後に 種をつけたのかな?

誰かに褒められるわけでもない  誰に守られるわけでもない ただ 置かれた環境で

自分の一生を 自分のために 後に残すために ひっそりと かつ たくましく 生きている。

私も 今の 自分のいる環境で 何ができるか 考えさせられます。

大したことはできないけど(>_<)